良い睡眠が美白を作るといわれる理由は?

睡眠と美白の関係は、とても深いものがあります。

寝る子は育つという言い方がありますが、正しい睡眠をとる女性は美白になるのです。

そうです。美白になりたいのなら、毎日きちんと十分に睡眠をとってください。

睡眠不足はシミやソバカスなどの肌のトラブルをもたらす原因になります。

きちんと眠ろうとというのは、ただの掛け声ではなく、ちゃんと理由があります。一番の理由は、睡眠時間が足りないと成長ホルモンの分泌が悪くなって、肌のターンオーバーが乱れるということです。

肌のターンオーバーが乱れるてしまうと、古い角質が剥がれ落ちずに残ってしまうので、肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。

また血流も悪くなるので、顔色も悪く、見た目も悪くなります。

お勧めなのは夜10時~深夜2時の時間帯に睡眠をしっかりとることです。

この時間帯は睡眠と肌のゴールデンタイムやエンジェルタイムとも呼ばれています。成長ホルモンの分泌が1日のうちで最も活発になる時間帯なのです。

成長ホルモンの分泌が活発になるということは、肌のターンオーバーが促進されて、美白、美肌に繋がります。

仕事に忙しいと毎日夜10時に寝るというのは簡単ではありません。それでも、できる限り早めに寝るように心がけてください。

そして、睡眠の質を上げるためにも寝る前にあまりパソコンやスマホの画面を見ないようにした方が良いです。

美白・美肌は日々の心がけからです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)