美白のためには紫外線対策が必要?

美白のためには紫外線対策を抜きにして考えることはできません。
紫外線はシミくすみの原因となります。

紫外線の影響は年齢を重ねるごとに顕著に現れてきます。
新陳代謝が盛んな若いころは、紫外線を浴びてもシミを作り出すメラニン色素を体外に排出できますが、30歳を過ぎる頃から、新陳代謝が低下し、メラニン色素を排出しにくくなります。

その結果、メラニン色素が肌に残り、シミになってしまうのです。

紫外線対策は夏だけではなく、一年中行う必要があります。
夏にだけ取り組んでいる人が珍しくはありませんが、紫外線は季節を問わずに放射されています。
一年中いつでも日差しが強いと感じた場合は忘れずに紫外線対策をするべきです。

ただ日焼け止めクリームを塗るだけではなく、日傘や帽子、サングラスなども忘れないでください。日焼け止めクリームを使用するにあたっては刺激の弱い製品を使用してください。

刺激の強いクリームは肌に問題を引き起こすときがあります。

特に肌の弱い人は赤くなったり、かゆくなったりすることがありますので注意が必要です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)