美白化粧品ってどんなもの?

何年か、美白ブームが続いていますね。

CMや広告などを見ていても、まるで顔にも体にも一点のくすみもシミも毛穴もないような美女たちが素敵な微笑みで美白化粧品の広告塔を勤めています。自分はそんなに美人ではないからと思ってはいるけれど、やはり美肌には憧れてしまうものです。

そこで、普段から美白をしてしまおう、という美白化粧品が今、女性を中心に人気が集まっています。普段のスキンケアのときに、その美白化粧品を使って美白ケアを行なうわけです。

ただ、化粧品ですので期待するほどの効果がすぐに出るわけではありません。とはいえ、継続してケアしさえすれば、徐々に徐々に違いが出ると言われているのが美白化粧品なんです。

わざわざ美白化粧品を使うのですから、その高価な成分をしっかりお肌に取り入れたいものですよね。そう考えた時に、美白ケアの基本は間違いなく洗顔です。まずは洗顔で、メイクや皮脂、角質などをしっかりと落としてから本格的なスキンケアを行なうようにしましょう。

毎日積み重ねることで、5年後10年後のお肌のコンディションがまったく違ってきます。

それから、誤解してはならないのは、美白化粧品を使ったからっといて、お肌の色が真っ白になっていくことはありえないということ。

美白化粧品の定義を確認してみると、だいたいどこの化粧品会社も「メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぎます」という書き方です。

かみ砕いて言うと、肌の内側にあるメラニンに作用してシミやソバカスの発生を予防する、それが美白化粧品の働きなのです。つまり肌の色に関してはあくまでも現状維持が基本で、それ以上シミやソバカスが発生しないようにするのですよ、ということです。覚えておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)