美白効果のある栄養素を効率よく摂る方法

美白化粧品で日々、一生懸命ケアしているというのに、いつまでたってもなかなか肌が白くなる効果が現れない、という悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。

美白になるには時間がかかるものですが、それ以外にも体の内側に問題があるかもしれません。美白は外側の問題ではなくて、体の中が健康でないと、化粧品などでどんなにケアをしても十分な美白効果は出ないでしょう。

理想はやはり健康で白くて美しい肌ですよね。そのためには、食事が大事です。

肌を白くする効果のある栄養素をきちんと十分に摂取することで、くすみのない、そして健康的な白い肌を手に入れることができるようになります。

ここでは、美白効果のある食べ物とその有効な食べ方を紹介します。

美白効果のある栄養素:
まずはなんといっても、「ビタミンC」です。ビタミンCには、メラニンの生成を抑え、くすみを予防する効果があります。

ビタミンCを豊富に含む食材といえば、ブロッコリーやピーマン、パセリなどの野菜、イチゴやレモン、キウイ、アセロラなどの果物です。そ例外にも、ハム、ベーコン、焼き海苔、たらこ等にもビタミンCは多く含まれています。
ビタミンCを活用して美白を目指すのなら、1日に2000ミリグラムのビタミンCを摂取するように心がけたいものです。

ビタミンCは一気に摂ろうとするのではなく、こまめに食べるようにしましょう。

ただし、ビタミンCは熱に弱いので、加熱しないで生で食べる方が良いのです。調理法としては、ビタミンCが逃げにくい、蒸し料理がおすすめです。

また、ビタミンCはビタミンEと一緒に食べると吸収量がアップします。

ですから、ビタミンEが豊富な鶏肉やサンマ、ほうれん草、ゴマ、ナッツなどと一緒にビタミンCを含む食品を調理しましょう。

おおすめの食事例:

朝食/目玉焼きにベーコンとブロッコリーを添え

昼食/お弁当を準備できるのなら、鶏肉とピーマンの炒め物

おなかが空いた時の間食/ナッツ類を少々

夕飯/ご飯と一緒に適量のたらこ。デザートにはイチゴ

こういうメニューならば、美白のための1日分の栄養素の摂取は完璧といえます。

それから、肌の老化を予防する「リコピン」を多く含むトマトもおすすめです。
毎日の食事にぜひ取り入れたいものです。
幸いにしてトマトは熱に強いので、煮込んでも炒めても成分が壊れることはありません。

むしろ熱を加えた方が吸収率もアップします。
トマトは生で食べるより火を加えて調理した方が良いのです。

他にも、ニンジンやグレープフルーツ、スイカなどはリコピンを多く含む食材です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)