「ピーリング」で肌が白くなる、のウソとホント

効果的な美白ケアとして、「ピーリング」は、うまく利用したいもののひとつです。
あなたが肌を白くしたいと考えるのならば、ぜひ取り入れて欲しいケアです。毎日行う必要はありません。むしろやりすぎは禁物です。
1週間に1、2度程度行うと、とっても効果的な美白ケアになります。

自分の顔色が暗く見えたり、肌がザラザラとしたりしていると感じる人は、古い角質が蓄積して毛穴に詰まっていることが原因の場合が多いのです。

こういう場合に、ピーリングを行って古くなった角質を剥がれ落とすことにより、肌に透明感を取り戻すことができます。効果的に使えば、ピーリングによって見るからにふっくらとした健康的な肌に生まれ変わることができます。

私たちの肌は、年齢を重ねることでターンオーバーが遅くなっていくため、メラニンの排出がスムーズに行えなくなっていくことがあります。そのターンオーバーを活性化させるのにピーリングが有効です。

ピーリングを繰り返すことで、メラニンの排出が正常になるとともに、保湿成分のセラミドやコラーゲンも増えるようになりますので、肌の老化が気になる30代~40代の方にはお勧めです。

一般に美白化粧品は、メラニンの生成を抑制する作用がありますが、ピーリングには「できてしまったメラニンを体の外へ追い出す効果がある」ので、いままで美白化粧品だけではなかなか改善できなかったり、改善の効果が感じられなかったシミに対しても、ピーリングが効果的に働きかけます。

ピーリングによって余分な角質がなくなった肌には、美白化粧品の美白成分の浸透力もアップします。

つまりトータルの意味で、ピーリングは、肌を白くするための美白スキンケアの効率を上げてくれるのです。
ぜひ、ピーリングをあなたのスキンケアに取り入れてみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)