肌が白くなる洗顔方法ってある?

肌が白くなる、美白のための洗顔方法を紹介します。

肌は毎日生まれ変わっています。このことは“ターンオーバー”と呼ばれています。

新しく生まれた肌の細胞は約6週間で表皮へと押し上げられ、やがて垢となって自然にはがれ落ちるようになっています。肌を白くしたいのなら、このメカニズムを理解することが重要です。

つまり、肌を白くしたいのなら、毎日朝晩の洗顔ではメイクを落とすだけでなく、古くなった角質をしっかりと落とすことが重要なのです。それによって顔のくすみが改善され、肌が白くなっていくからです。

洗顔する前には、まず、蒸しタオルを顔の上に30秒~1分くらい乗せて毛穴を開かせます。蒸しタオルはを準備するのって大変そう、と思うかもしれませんが、実はレンジを使うと簡単に作れます。

蒸しタオルの作り方は、

1.タオルを水に濡らして水分が適度に残る程度に絞り、
2.耐熱皿に置いたりラップに包んだりして40秒~1分温める

これだけです。

そして、洗顔料をよく泡立ててたら、肌をこすらないように優しくゆっくりと洗います。

そのあと、ぬるま湯でしっかりとすすぎます。すすぐときには泡をきれいにとりさることを心がけましょう。泡が残っている、肌荒れを引き起こす原因となるからです。

十分にすすいだら、柔らかいタオルで優しく水分を拭き取ってください。このときもこすらないようにすることです。

洗顔で大切なことは、どの工程でも「優しく」行うことです。

一連の洗顔を優しく行うことで美白ケア化粧品の浸透が良くなります。

洗顔後に化粧水を使うことを面倒くさいと思うかもしれませんが、化粧水は肌の水分補給に不可欠です。化粧水は、もったいながらずに、洗顔してきれいになった肌にたっぷりとつけましょう。そのほうが効果的です。コットンパックをすれば肌により浸透します。

白い肌を手に入れたいのであれば、化粧品を選ぶときには、美白成分が配合されているものを選びましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)