黒ずみ対策(ひざ、ひじ)、ここに注意!

美白を求めている人の中には、ひざやひじの黒ずみが気になっている人も多いと思います。

肌が白くなる美白効果のある美白化粧品を、ひざやひじに使用すれば、ひざやひじの黒ずみも改善して白く綺麗になるものなのでしょうか?

必ずしもそうともいえません。ひざやひじの黒ずみ対策には、まずその黒ずみの原因を正しく理解することが必要になります。

多くの場合、ひざやひじの黒ずみは、摩擦によって色素が沈着したり、角質が厚くなったりして黒くなっているのです。

ですから、角質が厚くなって黒くなっている場合は、不要な汚れた角質を取り除けばよいのです。お風呂でお湯に浸かり、皮膚を柔らかくしてから、黒ずみをとりたいひじやひざの部分を軽石などでこすれば、黒ずみが改善するだけでなくしつるつるにもなります。しかし、ほとんどの人が毎日お風呂に入って体を洗っているでしょうから、角質が厚くなって黒ずみになるケースはあまりないと思います。

一方で、黒ずみの原因が摩擦によるものの場合、こすると悪化させてしまうことがあるので注意しなければなりません。

では、自分の黒ずみの原因はどうやって確かめたら良いのでしょう?

黒ずみの原因を確かめるには、コットンに拭き取り化粧水などを染み込ませて、軽くひざやひじの表面を拭いてください。拭いたあとの肌が白くなるようでしたら、角質が厚くなったことが原因だと考えて良いでしょう。

先ほど説明しましたように、ひざやひじの黒ずみは、ほとんどの場合、摩擦によって色素が沈着したのが原因です。机などにひじをつく癖があったり、ひざを床についたりする機会が多い人は、メラノサイトが刺激に反応してメラニンを作り出して黒ずみになっているのです。

摩擦による色素沈着は刺激してはいけません。
こすることは禁物です。

対処法としては、メラニンを抑制して肌が白くなる効果のある美白化粧水をお勧めします。でも、ひざやひじの黒ずみだけのために美白化粧品を購入するのはもったいないと考える人もいるでしょう。

そのいう人は、ドラッグストアなどで安価に買える角質ケアや保湿効果のあるボディソープをお使いください。使い続けることで、黒ずみは薄くなっていくはずです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)