活性酸素にはポリフェノールで対抗して美白・美肌を実現

コーヒーが美肌に効くという記事を前回書きましたが、正しく言うとコーヒーポリフェノールが美肌に効くのです。そして今回は、コーヒーポリフェノールが身体に良いというよりも、実はポリフェノールが良いのだというお話です。

ポリフェノールには強力な抗酸化作用があり、活性酸素を除去してくれます。
ご存知のように活性酸素は、高脂血症や動脈硬化、糖尿病などの生活習慣病の原因になるものです。
また、ガンや白内障などの原因にもなると言われています。

活性酸素は、そういった病気の原因となるだけでなく、シミやシワを作る原因になることもあります。

それに対抗するポリフェノールの効果は次々と発見されていて、その他にも美白効果、抗アレルギー効果、抗炎症作用などがあることが分かってきています。

ポリフェノールとはもともと、植物が光合成をする時に出る物質のことを指しています。
ですから、実に多くの植物に含まれている物質です。

ポリフェノールはコーヒーポリフェノール以外にもたくさんの種類があり、総数は4000種類以上と言われています。

健康維持に役立ってくれるのポリフェノールを、日々の暮らしの中で積極的に摂取していきたいものです。

注意点としては、一度に大量に摂るのではなく、こまめに摂ることです。ポリフェノールは私たちの体内では3~4時間程度しか効果が持続しないと言われているからです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)