いちごで美白。秘密はポリフェノール。

いろいろなところでポリフェノールには様々な効果があるということで注目され、話題となっています。
ポリフェノールを多く含む食品であるいちご、ブルーベリー、りんご、なども注目されています。

いちごには、エグラ酸というポリフェノールがたくさん含まれていますが、このエグラ酸は、抗酸化作用以外にも、メラニン色素の生成を抑制する働きがあるので美白にも効果があります。

化粧品の成分に「エグラ酸」と書かれていることがありますが、これはその美白効果から配合されているのです。
エグラ酸は、ざくろやナッツ類にも含まれています。

ブルーベリーに含まれるアントシアニンというポリフェノーは、疲れ目を予防したり、視力を改善するということで積極的にブルーベリーを食べている人も少なくありません。

これは、根拠のないことではなく、アントシアニンがロドプシンという視覚情報を脳に伝える物質の再合成を促すのです。

一時流行ったりんごダイエットもりんごポリフェノールという裏付けがあります。りんごポリフェノールには、食べ物から摂取した脂肪の吸収を抑制する働きがあると言われていて、体内に脂肪が溜まるのを防ぐのだということです。

疲れ目予防、ダイエット、美白・・・ポリフェノールの働きはこれからもどんどん解明されていくでしょう。
”いちごのエグラ酸というポリフェノールは美肌に効果的”ということを覚えておいてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)