紫外線アレルギー対策には、どんなことをすれば良い?

紫外線アレルギーの方が増加傾向にあるそうです。

紫外線アレルギーは、日光過敏症とか日光性皮膚炎などとも呼ばれています。
貫地谷しほりさんが日光アレルギーだと言っているのも、おそらくはこの紫外線アレルギーのことでしょう。

これは、紫外線を浴びることで肌に湿疹ができたり、皮膚が全体的に赤く腫れてしまったり、みみず腫れやじんましん、水ぶくれなどを起こすこともある病気です。

皮膚の光感作物質が、紫外線をあびたときに光抗原(=アレルゲン)を作ることで発症し、皮膚トラブルだけでなく、頭痛や吐き気を催すこともあるそうです。

紫外線アレルギー対策として、不用意に日光を浴びないことが必要です。

そうは言っても外出しないわけには行きませんから、長袖の洋服を着たり、帽子をかぶったり、日傘をさしたり、日焼け止めクリームを塗ったりすることで症状を抑えるようにします。

それらのグッズを選ぶときには、「UVケア」「UV加工」「UVカット」などをうたったものを探すと良いです。

日焼け止めクリームを、化粧水をつけた後の下地クリームがわりに使われる方も多いと思います。

日焼け止めクリームには

・紫外線吸収剤を配合したもの
・紫外線散乱剤を配合したもの

があります。

紫外線吸収剤を配合したものは、紫外線を吸収することで、皮膚まで紫外線が到達しないようにするものです。
しかし紫外線を熱エネルギーに変えるために肌への負担が比較的大きいと言われています。

肌への負担をかけないようにするには、紫外線散乱剤を配合したクリームを選んだほうが良いでしょう。

紫外線アレルギーが手や顔、首など特定の部位だけひどい方もいれば、ほぼ全身に症状が出る方もいらっしゃいます。
そうなるとお気の毒ですが、紫外線アレルギーの対策、治療のためだけでなく、他の原因でそれらの症状が出ていることも考えられますので、医師と相談されるのが良いでしょう。

紫外線アレルギーがひどくなると、室内にいても症状が現れることもあります。その場合には、UVカットのカーテンを閉めたり、窓ガラスに紫外線カットフィルムを貼るなどの対策が必要です。

スポンサーリンク
レクタングル(大)